Paradise and Lunch

(What's So Funny 'Bout) Peace,Love and Understanding
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
東京大行進2015


今年も参加してきた「東京大行進」。2500人の参加者が4つのフロートに分かれて新宿の街を2時間半かけて練り歩いてきた。
ボクが参加したのは、C.R.A.C.の第4ブロック。DJ TASAKA のセレクトにお馴染みの Akuryo と ATS の双璧MCが新宿の街を刺激する。ボクも結構デモ慣れしてきたから、沿道からの視線が心地良かったりする。外国人ギャラリーは声援を送ったり、手を振ったり、ピース・サインをしたり、笑顔だったりとホントに素直に反応するし、それが物凄い励みになる。一方の日本人は写真を撮るだけで表情は殆ど変わらない。国民性と言ってしまえばそれまでだけど、表情が何も変わらずにシャッターだけ押すというのも何だか不思議な反応だ。まさか表情に出すことも、躊躇する空気が蔓延してきたとは思いたくないのだが。








| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
SEALDs 渋谷街宣 @ 渋谷駅ハチ公前広場


9.19戦争法強行採決から丁度1ヶ月経ったこの日、SEALDs主催の渋谷街宣に行ってきた。開始時間を少し過ぎて渋谷駅に着いたが、JR連絡橋から眺めると既にハチ公前は人で埋まっていた。



集まった人たちは、SEALDs に加え、高校生 T-ns SOWL の真摯なスピーチに耳を傾け、声援を送る。目を潤ませてスピーチを聴く年配の方が何人もいらした。日本のコールはSEALDsのスタイルですっかり変わり、今や多くの世代にも広がっていることはこの日も感じることができた。周りに居た年配の方もしっかりと英語のコール・アンド・レスポンスをしている。
丁度、同時刻にヘルメットを被った新左翼のデモが「日帝打倒」のシュプレヒコールをしながら通りかかったが、そのスタイルがあまりにも対照的だった。



ネットで話題になっていたスペシャル・ゲストはスチャダラパーだった。件の年配女性は「誰ですか?」とボクに聞いてきたので「ラップのグループですよ」と教えてあげたら、嬉しそうに一生懸命聴いていらした。「今夜はブギーバック」に合わせて「民主主義って何だ?」「これだ!」のコール・アンド・レスポンス、さらには奥田君も加わったのは、結構感動的なシーンだった。



そして、安倍晋三は敢えてこの日を選んで、われわれを挑発するかのように原子力空母ロナルド・レーガンに意気揚々と乗り込んだ。

やつらを通すな! No Pasaran! 震えて待て!


「Asia Progressive」より


| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
さよなら、戦争法案。神奈川学生デモ


強行採決の翌日、早速、横浜でデモがあったので参加してきた。

山下公園〜横浜税関〜赤レンガ〜MM〜桜木町。馴染みのある街並みだが、やはり横浜の観光エリアを歩くデモ・コースはとても気持ちが良かった。見事に晴れ渡った空の下、沿道の観光客から本当にたくさんの声援があったことも嬉しかったし、何よりもデモ全体の雰囲気が良かった。





「賛成議員は震えて待てよ」
「賛成議員は落選させよう」

「選挙に行こうよ」
「デモに行こうよ」

サウンド・カーのバック・トラックにあわせて新しいコールが明るく響く。
強行採決の悔しさはあったけれども、未来に向けた動きが始まった。
立憲主義、民主主義を取り戻す闘いはこれからだ。
次はファシストには必ず退場してもらう。NO PASARAN!








| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
戦争法案に反対する国会前抗議行動


いよいよ強行採決されようとする前夜、戦争法案に反対する4万人以上の市民が集まった。改めて考えてみて、普通の感覚として、日常生活の中で、こんなルール無視の無理筋を通すことなんてありえないだろう。もし無理筋を強行したら、強行した側は信頼をなくし、結局その組織、コミュニティは劣化していくのが必然だ。

そんな事態になることを危惧して、普通の感覚を持った普通の市民が日常の忙しい中、何とか時間を調整し、費用をかけて、こうして集まっているのだ。すぐに忘れるなどと舐めてもらっては困る。強行採決した瞬間、立憲主義、民主主義を取り戻すための闘いが始まる。



この日、二日前の強行押さえ込みよりは、若干ソフト警備にシフトしている印象だった。それでも"カマボコ"の縦列駐車は敢行され、とにかく車道解放の空撮を撮らせまいとする意図は明らかだった。しかし、反面"カマボコ"が市民を圧している様子が世界中に配信されたのは大いに誤算だったろう。

ファシストは絶対に通さない! No Pasaran!










| paradise | Demonstration | comments(0) | trackbacks(0) |
戦争法案に反対する国会前抗議行動


この日、職場の慰労会があったが、店内に流れるTV中継に居ても立ってもいられなくなり、中座して21時過ぎに国会前に駆けつけた。現場に着くと、とにかく警察の押さえ込み態勢は尋常ではなかった。二日前の"車道解放"を絶対に阻止すべしと厳命があったのだろう。車道と歩道の間に「カマボコ」をぴったりと付けて縦列駐車。さらに下級警官が万が一に備えてスクラムを組んで車道を死守していた。





当然ながら、続々とやってくる大勢のプロテスターは狭い歩道に押し込められ、まったく身動きがとれない状態になっていて危険な状態だ。それでも、時折雨が強く降り出す中でも、力強いコールは休むことがない。ボクは23時過ぎに離脱したが、帰り道、こんなに遅い時間になっても仕事帰りと思われる方と沢山すれ違った。まずは声を上げること、何とか時間を作って足を運ぶこと、とにかく諦めずに民意を可視化することが重要になってくる。



やつらを通すな! No Pasaran!
| paradise | Demonstration | comments(0) | trackbacks(0) |
戦争法案に反対する国会前抗議行動










ファシスト通すな! No Pasaran!

| paradise | Demonstration | comments(0) | trackbacks(0) |
安全保障関連法案に反対する学生と学者による共同街宣 @ 新宿


SEALDsの抗議行動の日は本当に気の毒になるくらい雨の日が多い。それでも新宿の歩行者天国に1万2千人の人々が集まった。先週は国会議事堂前に12万人が集まったが、この日はいつもの普通の街が人で埋め尽くされた。ボクはあちこち歩き回って声を上げたが、時間の経過とともに参加者が膨れ上がり、最後部が延びていく様子が良く分かった。



「国民の理解が得られなくても決めなくてはいけない」
遂に政権からとんでもない発言が飛び出してきた。まさに独裁宣言。これを「ファッショ」と言わずして何と言うか。本当にこんな暴走を許してしまって良いのか。この2週間で日本の民主主義が試される。



ファシストを通すな! No Pasaran!






| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
8.30 国会10万人・全国100万人大行動


今回の集会は相当集まると予想していたが、あの天候で12万人が集まったのは凄いことだ。とにかくすべての世代が総がかりで、この重大な局面で民意を見事に可視化できたことは大きな意味がある。
ボクも今回は初めて家族全員で出かけた。そう、頭数はいつもの3倍だ。
きっと、そんな方々も多かったのではないだろうか。



歩道が決壊し、一気に車道に雪崩れ込んだ時、危ない瞬間もあったが、主催者が懸命に冷静を保つように努力したお陰で、逮捕者もケガ人も出なかったことは本当に良かった。素晴らしいことだと思う。胸を張って良いと思う。
巨大な「安倍やめろ!」バルーンは見事だった。あのインパクトはでかい。



野党党首、学者、作家などが壇上でスピーチしたが、坂本龍一の登場は驚いた。元気な姿を見れて本当に嬉しかったし、大いに勇気付けられた。



たくさんのヘリコプターが飛び交い空撮をしていた。さすがに迫力が違う。毎日新聞のこの写真を見ると南庭の議事堂側車道も解放されている。こうして観ると機動隊車両が懸命に小さなスペースを死守しているようで可笑しい。

とにかく戦争法案廃案まで安倍ファッショ政権退陣まで声を上げ続ける。
やつらを通すな。No Pasaran!

| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
0823 戦争法案に反対する全国若者一斉行動


SEALDs 表参道デモに参加してきた。
タイトルは若者一斉行動でも、あらゆる年齢層が参加していた。
コールは勿論、SEALDsスタイルだ。
年配層もテンポの速いコールに馴染んできたようだ。
英語のコールもしっかりとこなしていた。
沿道のギャラリーは外国人も多く、素直に反応してくれるのが嬉しい。
この日は全国64ヵ所で抗議行動が行われた。

重大な局面に立った今、この行動を 8.30 全国100万人大行動に繋げる。
とにかくこの日は万難を排して現場に出ることだ。
頭数になって民意を完全に可視化することだ。

奴らを通すな! No Pasaran!







| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |
0811 川内原発再稼動反対! 首相官邸前抗議


"安保"法案のために莫大な費用を費やして国会を延長し、その最中、敢えて11日という特別な日を選んで再稼動に踏みきった。しかも、その日から平然と夏休みに入るという感覚。この安倍という男を理解することは到底不可能だが、とにかく、再稼動当日に異を唱えるために、首相官邸前に声を出しに行ってきた。

丁度今週からお盆休みということもあり、やや出足は緩やかだったが、それでも世論調査で6割が再稼動反対であるという民意を可視化するため、熱いコールが主(あるじ)不在の官邸に響き渡った。

誰も責任を取らない、こんな茶番劇がなぜ許されるのか。原発ゼロの記録は一端中断したが、またゼロにするために声を上げ続けなければ。
NO NUKES !




| paradise | Demonstration | comments(2) | trackbacks(0) |


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ